アニメベースへようこそ

観る価値のある日本のアニメはこちら

もっと詳しく知る

アニメ 日本テレビ インセプション すべての始まり

日本におけるアニメの歴史

日本のアニメーションを、コミックのようにあまり真剣に考えていない人もいるかもしれません。 しかし、これらの同じプログラムは、若者、心ある若者、そして世界中の言語の学生にとって、楽しく、役に立ち、厳しいものです。 そして、これらのイベントが生み出すマーチャンダイジングの収入額は、実に大きなものです。 日本のビジネスでは、どの企業もその可愛らしさがないと「イメージ」にならないように見えることがあります。 人のおもちゃやおもちゃのフィギュアがないと、中学生の女の子を見ることができません。自動ドアの警告には、唖然としたうさぎが描かれ、電車の券売機にはアニメの従業員がお辞儀をし、買ってくれてありがとうと言われます。 これらの絵は遍在しているので、時間が経つと変だとは思わなくなる。

現代のアニメーション

いずれにしても、近年の日本の子供向けテレビアニメの中で、最も人気のある作品を紹介します。 溝口健二や黒澤明といった日本の巨匠たちが撮影した壮大な民族の冒険物語は、宮崎駿監督の『もののけ姫』(1997年)などがあります。 21世紀に入ってからは、ポケモンのテレビシリーズや、アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞した宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(2002年)などの映画が世界的に人気を博している。

90年代以降の作品

もちろん、日本のアーティストたちの熱意と献身によって、1990年代の初めには、日本には膨大な数のアニメのライブラリーがあった。 アニメ映画やアニメシリーズは、献身的なファンであり、日本社会の確固たる要素であった。 1980年代後半には、「オタク」と呼ばれる新しい世代の人々が生まれた。 アニメもオタクの名のもとに制作され、さらに専門的なジャンルのアニメが開発されていった。

アニメがポジティブな理由は、多くの研究で判明しています。

鮮やかな色と美しいシナリオに没頭することで、インパクトのある展望と関連してくる。

鮮やかな色と美しいシナリオに没頭することで、インパクトのある展望と関連してくる。アニメはすべての人に適している-そこから始めなければならない。そして、広く誤解されているのは、アニメは子供専用だということだ。 これは真実からかけ離れたものではありません。 どの年代にも適しています。 一部のアニメは子供をターゲットにしていますが、大人も暴力、道徳、死などの深刻な問題に惹かれます。

アニメは年齢や目的を問わない

ジャンルの幅が広いので、どんな人でも自分に合ったものを選びやすい。

アニメは誰もが楽しめるものです。これは、アニメがどの年齢でも利用できるという最初のポイントからつながっています。 性格や好みもすべてアニメ化される。 悲劇、アクション、冒険、ドラマ、ユーモアなどの要素がアニメ番組には含まれているからだ。 そのため、自分の趣味に合った番組を選ぶのに苦労はしないはずです。

オタク的なコミュニティだけではなく

アニメのテーマは、犯罪からラブストーリーまで、幅広いシナリオがあります。

アニメは世界中で独自のコミュニティを形成しています - アニメは単なる娯楽ではありません。 娯楽になる。 インターネットで恋に落ちれば、もっと多くの人に届くかもしれない。 オタク」とも呼ばれる、アニメの世界的なオンラインコミュニティは巨大です。 アニメが好きな人たちと出会うことができ、そのつながりは、控えめに言っても非常に強力です。

アニメカトゥーンのコミュニティに参加する

アニメカトゥーンのコミュニティに参加する

新しいジャンルを自分で開拓する

新しいジャンルを自分で開拓する

HF5

お役立ちアニメ映画評価

子供と大人のための最高のアニメについて調べる

アニメーションについて

なぜアニメの教育的価値は絶大なのか?

マンガやアニメの中には、創造性を発揮させたり、実生活の中で既成概念にとらわれない発想をさせたりするものがあります。 ここでは、アニメシリーズや映画を見ることで得られる主な教育的メリットを見てみよう。

しかし、研究によると、アニメ映画は子供たちにとって優れた学習ツールであることがわかっています。 リサーチアナリストは、その結果を裏付ける十分な証拠を持っています。 アニメ映画の多くは、子供たちに成功を促し、努力することの価値を教えてくれるかもしれない。 さらに、子供の頃からの日本語学習は非常に重要であると考えられている。 アニメのエピソードを見ることで徐々に言葉を理解できるようになるので、子供にとって言葉はもはや問題ではない。

現実の出来事に関する知識があれば、生徒たちは事前に適切な判断を下すことができます。 英雄たちがどのように人生の困難を克服したかを知ることは、人々が考え、救い、成功するのに役立ちます。 ユーモアのある番組でも、実生活を教えるという側面から見ると、微妙なものがあります。 私のヒーローアカデミア』、『A Silent Voice』、『Orange』などのアニメ番組は、実生活を教える上で人気があります。 これらのシリーズでは、子供たちが親を尊敬する方法や、感謝の気持ちを持ち、他人に嫌がらせをしないようにすることを学ぶことができます。
彼らはどのように業界を変えたのでしょうか?

注目されているアニメ、愛されているアニメ

1996年初頭にピカチュウ・ポケモンがビデオゲームでデビューして以来、任天堂はテレビアニメ、映画、トレーディングカード、あるいは1000種類以上の関連商品のどれをとっても、親会社に何十億もの収益をもたらしてきました。 また、これは日本だけの現象ではありません。 主人公のサトシとポイントマン(モンスター)のピカチュウに導かれ、わずか3年で世界を席巻した。 1998年9月にアメリカでテレビアニメとして登場した「ポケモン」は、その後1年間で約7億円の小売売上高を記録した。 毎週放送されるアニメは、子供向けのテレビ番組として注目を集め、DVD「Pokemon: 海辺のピカチュウ』はベストセラーになっています。 社会学者たちは、ポケモンカード中毒が子供たちに与える教育的効果について真剣に議論しています。 兵站、戦術、純粋な数学を駆使して、多様な生物をそれぞれの長所と短所を生かして対戦させます。

物語はどのように進化したのか

ポケモンから王者のTVシリーズへ

日本のテレビでは、アニメだけでなく、若者が「ポケモンチャンピオン」になるために奮闘する番組も放送されています。 ポケモンの映画やピカチュウのぬいぐるみを見て、若者はどうやって運転を防ぐのか? ポケモンが生み出した狂気の一つは、一つのパフォーマンスで歌うことだった。 記憶力の必要性は、ポケモンコレクションに登場する約150匹の動物の名前のような歌ではなく、物事を記憶することが素晴らしい職業や幸せな人生への道であることを学んだ若者たちには魅力的だったようだ。 シングルの売り上げは、もちろん数百万枚を記録した。

アニメの世界で最も偉大なフランチャイズの物語

ドラえもん:有名なイラスト付き漫画の象徴的な遺産

22世紀のロボット猫「ドラえもん」とその人間の友人「のび太」は、日本のスヌーピーとチャーリー・ブラウンに相当する。 のび太は小学4年生の典型的な劣等生で、必死になりたいが、野球は打てないし、自転車にも乗れず、常にクラスの最下位を走っている。 そんな彼が、ドラえもんや近所のギャングたちと一緒に冒険を楽しみながら、若い視聴者に教えていく。 ドラえもんのポーチには、のび太が日々の困難に対処するために活用したり、悪用したりする様々な素晴らしい未来技術の源が入っている。 ドラえもんのポーチの中には、子供たちが世界中を旅することができる「どこでもドア」や、もちろん「タイムマシン」も入っています。 ドラえもんは、1969年に藤本弘のコミックブック(1934〜96年)でデビューし、自分の未来からのび太を助けるために戻ってきた。