その他、毎日見ても楽しい映画を探す

その他の注目すべき、価値のあるアニメ映画

サザエさん、ちびまる子、クレヨンしんちゃんなど、アニメの「人間」には愛らしいものが少ない。 これらのキャラクターとその家族は、日本の文化や社会のさまざまな側面を反映しています。 戦後の世代交代を社会学的な研究と同様に効果的に捉えている。 日曜日の夜6時30分から放送される「サザエさん」は、最も人気があり、間違いなく最も長く続いているアニメシリーズになるだろう。 サザエさんは23歳の主婦で、両親、妹と弟、夫と子供の男の子と一緒に暮らしていますが、すべての貝と同じように、彼女の名前は海につながっています。 家では、サザエは典型的な電子機器に囲まれていて、その電子機器は、番組のスポンサーである東芝のように、最新モデルのものばかりです しかし、それ以外の生活は、現代の日本人にとっては消えゆく記憶でしかない世界にしっかりと根付いている。 登場人物は、戦後まもなく漫画家の長谷川町子(1920〜92年)の漫画で確立され、1969年からはテレビでも放映された。 長谷川は仙人のような存在で、戦後の日本の暗い側面を作品の一部にしていた。

その後の展開

しんちゃん

5歳のクレヨンしんちゃんのクレイジーな行動は、他のアニメキャラクターのそれとはかけ離れている。 しんちゃん(フルネームはしんのすけ)は、1990年代の日本の若きバート・シンプソンであり、ズボンを下げたり、娘のビールを飲んだり、センターフォールドで月見をしたりする傾向がある。 毎年、ある調査(親が子供に見せたくないテレビ番組)では、この番組がトップになっていた。 しかし、我慢強いしんちゃんの親も、変質者である息子にはかなわず、自分の悪癖に溺れてしまうのが常である。

ような社会

今の日本の若者の消費主義や無神論は、親の考えから来ているとよく指摘されます。 このような考え方を体現しているのが「しんちゃん」だと思われる。 このような社会批判が普及し始めた1990年代半ばに公開されたことは驚きでした。 サザエさん』や『シンプソンズ』のようなアニメではないが、当時の思想を反映している部分があったのだ。 2009年9月、生みの親である臼井儀人が山中で遺体で発見され、番組は悲しい結末を迎えた。 トレッキング中の事故によるものと思われる。